成功するための入居者への配慮
2017.06.26

男性不動産経営をするにあたり、入居者への接し方などの配慮についても大切な部分になります。いくら効率的な空室対策を行って入居者がついても、この配慮という部分が欠けていると退去者が続出してしまうので意味がありません。では、不動産経営において成功する入居者との付き合いというのはどういったものでしょうか。
不動産経営と聞くとまずは物件の探し方や不動産管理会社との掛け合い、リフォームや内装などのこだわりなど、物件購入までの部分に注目している方の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。もちろん軸となる部分ですのでそこも大切ですが、実際には物件購入後の入居者募集や家賃回収などの管理が最も長く付き合っていく問題になるのです。
物件を所有することが出来たら次に入居者が中心的な存在になります。管理している物件に入居者が居る、つまりは入居者と接触する機会が常にあるという事です。この入居者への接し方や対応というものは意外と難しいものです。よくあるのが、クレーム対応ですね。入居者同士のトラブルであったり、ゴミ集積所などの共有部分の汚れに対するクレームなどがよくあります。こちらは管理会社に委託している場合であれば、基本的に管理会社の方で対応をしてくれますが、自主管理の場合になると全て大家さんの責任になりますので、トラブルに応じた接し方をしなければなりません。
こういったクレーム対応の中でも最も注意しなければならないことが、「入居者との関係性を険悪にしてはいけない」という事です。大家さんと入居者の関係性が険悪になってしまえば入居者の住み心地も悪くなり、退去の可能性がぐんと上がります。そうなると空室が出てきてしまい、いつまでたっても不動産経営を成功させる事はできません。
入居してくれる方たちは年齢もさまざまで、生活スタイルもそれぞれ異なります。そして結局は大家さんと入居者の関係です。大家さんとして入居者にできる最低限の配慮というのは、あまり入居者の方たちに干渉せず、一人ひとりに対して適切なコミュニケーションをとり、入居者同士やオーナーなどお互いが配慮し合える関係や環境づくりを心掛けていくことが最も重要なことといえます。ゴミ出しなど共有部分にあたるルール、共有部分周辺の清掃や点検、違法駐車、迷惑駐車への対応など、入居者が快適に生活できる環境を作っていくことも大切です。管理会社に任せているのであれば信頼できる管理会社なのかをよく考えましょう。

▲ ページトップへ