不動産管理の事なら任せて安心の企業ランキング

第1位 横濱コーポレーション

  • 一般流通に公開されている物件を扱わない不動産会社

  • 顧客の立場にあった投資家と同じ目線で物件の紹介

  • オーナーの利益を損なわない最適な形の条件を提案

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

横濱コーポレーションに対するみんなの口コミ

いくつかの会社と話し合いをしていましたが、一番知識のある専門スタッフだと感じたこちらにお願いすることにしました。募集の状...
不動産投資は初めてでしたが、こちらのこだわりや気持ちもしっかりと汲み取って頂き、信頼できると思いお願いしました。客付けが...
友人に紹介されたこちらのセミナーに参加して、不動産投資に興味を持ち始め、良い案件を紹介していただきスタートしました。初心...

不動産を専門に管理・売買をしています

不動産を専門に取り扱っている横濱コーポレーションは、高度な知識やその分野に特化している専門スタッフが、豊富な実績と経験を持ち、顧客をきめ細やかにサポートしています。す。

第2位 シノケンハーモニー

  • 副業で不動産の投資をしている方に最適です

  • 入居者を確保したいなら実績のあるこちらです

  • 質の高いサービスでもコストを抑えることができます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

シノケンハーモニーに対するみんなの口コミ

こちらで管理を任せてから、いつマンションに行ってもきれいです。安心してお任せすることができます。また、家賃滞納、苦情など...
副業で不動産投資を行っているので、トータルで任せることは前提で、不動産管理会社を探していました。こちらではコスト内でお任...
シノケンハーモニーさんで管理をお任せしています。こちらに変えてから空室が圧倒的に減り、収入が安定しました。とにかく退去が...

不動産投資全般を取り扱っています

シノケンハーモニーは。主にマンション経営のためのサービスを提供しています。売買、管理、資金調達まで幅広く投資家のサポートを行っています。

第3位 LANDNET

  • 早期の対応で家賃の滞納率がとても低くなります

  • 入居者募集のための情報の発信力があります

  • 入居者にもオーナーにも万全のサポート体制が整っています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

LANDNETに対するみんなの口コミ

なかなか埋まらない部屋がいくつかあったのですが、管理会社をこちらに変えたところ、入居者が決まりました。担当の方も対応もと...
家賃滞納の問題をしっかり解決していただけました。とても頼りにできる管理会社だと思います。入居者対応、また私の相談事までき...
LANDNETさんに不動産の管理をお任せしています。入居率がずっと高いままでやって来られています。入居者への対応の仕方も...

多くのオーナーの方から信頼されています

LANDNETは、不動産投資に関わるサービスを提供している会社です。管理サービスでは、1500名以上のオーナーの方から利用されている実績があります。

第4位 ワイキャピタルエージェンシー

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

社会情勢に伴い年々増える問題に真摯に対応

ワイキャピタルエージェンシーは不動産売買などを行っています。真摯に向き合うことで、どんな問題も解決に導くことができると考えられています。そういった想いが反映された管理サービスを提供されています。

第5位 CF NET's

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

不動産のコンサルタントの会社です

CF NET’sは不動産の投資に関することをトータルで相談することができます。トータルでサービスを行っている会社の独自の視点から、管理業務を提案していただくことができます。

不動産の管理とは?

ガッツポーズ不動産投資を管理する場合、不動産管理業務というものが発生し、高い専門性が必要になってくる業務になります。そしてこれらはマンション・アパートだけでなく、オフィスビルや店舗でも変わりません。ここでは、主に不動産投資での管理業務についてご紹介していきます。
まず、不動産管理業務というものには「ハード面」の管理と「ソフト面」の管理という、大きく2つの面に分かれた管理業務が発生します。ハード面の管理とは、清掃や消防点検などの様々な点検、その他トラブル緊急対応や設備の管理、不動産におけるマンション・アパートやオフィスビルなどの建物や土地そのものを管理することを指しており、「ビルメンテナンス業務」とも言われています。
ソフト面の管理とは、主に入居しているテナントや契約者に対する管理業務で、契約締結業務や毎月の家賃回収の他、入居者のクレーム対応やトラブルの対応業務の事を指しており、「プロパティマネジメント業務」とも言われています。
建物というのは日々変化があるものであり、それらに対応できるためのビルメンテナンス業務を適切に行わなければプロパティマネジメント業務にも影響が出てしまいます。このように、不動産管理というのはしっかりと知識を持たなければ利益を生み出すことは不可能なほど大切な業務になってくるのです。

空き部屋はとんでもなく不採算

ポニーテール近年、マンション・アパートにおける空室率はだんだんと上がってきており、頭を抱えている大家さんがたくさんいらっしゃいます。では、どうして空室ができるのでしょうか。その原因について詳しく説明します。賃貸物件の空室率が上昇したのは大まかに3つの原因があります。
■新築建設による賃貸物件の供給過剰最も大きな原因はこちらだと言われています。人口減少気味の日本では、家を借りるニーズが増えてもいないのに、賃貸物件が新たにどんどん建築されていっているのです。
■人口減少による賃貸物件の需要減少日本では2010年をピークに人口減少期に入ったことにより、賃貸物件の需要も減ることでまた、空室率上昇の原因となっています。
■空室対策を積極的に行っていない空室対策を積極的に工夫して行っている大家さんも居れば、リノベーションの費用がない、面倒などといった理由から、経営工夫をせずに空室のまま放置している大家さんも中にはいらっしゃいます。
これらの事から、今もなお空室率の上昇が続いていると見られます。リフォームで設備を充実させたり、敷金礼金を下げたりするなど、大家さん自身ができる空室対策というのはたくさんあります。いかに早く入居してもらえるような物件なのかというところが非常に重要になるのではないでしょうか。

賃貸管理会社の選び方

ショートカットの女性初めての賃貸管理、どの会社を選んだらいいのか?そんな疑問や不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。そこで、賃貸管理会社についての紹介をしていきます。
一口に賃貸管理会社と言っても、賃貸管理会社によってさまざまな特徴があるのです。建物や設備管理を得意としている「ハウスメーカー系」、同じく建物や設備管理を得意とし、賃貸事業全般に関したノウハウが豊富な「デベロッパー系」、入居者の募集や管理に強いとされている「仲介会社系」などに分かれています。
建物の設備管理というのは、共用部分などの清掃や点検、修繕工事などの提案・実施などを行っており、入居者管理というのは、毎月の家賃の回収や契約に関する手続き、入居者からのクレーム対応などがあります。もちろん安定した賃貸経営をするにはこの2つが揃わなければ意味がありません。そのためには知識も必要になります。
会社がその地域情報について詳しいか、担当者が責任を持って対応してくれているか、集客力や財務面における信用性があるかなどのポイントについては、自身で見極める必要があります。その他に管理を任せたい賃貸物件の場所や、どういう管理方法をしたいかなどをしっかり考え、1社だけを見て決めてしまうよりも、さまざまな賃貸管理会社を候補にし、その中で目的に合った信頼できる賃貸管理会社を選ぶことが最も重要になります。

入居者募集を効率よくやるには

ひらめき不動産経営において、大家さんを悩ませる一番の問題点として挙げられるものが空室状態になります。近年日本では人口が減少しているにも関わらず、新築物件が増えているという需要と供給のバランスが崩れてきています。そういったことからたくさんの大家さん達がさまざまな工夫をしながら空室対策をしているわけですが、最も効率のいい入居者の募集方法とはどういったものでしょうか。そこでまずは入居者の募集が難しくなる問題点を紹介します。
全国には莫大な賃貸仲介業者が存在しています。つまりは地域にもよりますが、多くの仲介業者がそこに林立しているという状況になります。ということは、1社専属で入居者を募集することがいかに効率が悪いかが分かるでしょう。先ほども書いてあるとおり、今日本全国にはたくさんの住宅が建てられています。成約の確率を高めるにはまず、募集間口を広げることが重要になります。
その他、建物に大きく「入居者募集中」と書かれたのぼり旗をみなさんも一度目にしたことがあるのではないでしょうか。そういった分かりやすいのぼり旗の作成なども効率のいい入居者募集の1つになります。このように、家賃を下げるよりも、さらに効率よく宣伝できる入居者募集の方法はたくさんあるのです。

▲ ページトップへ